「やる気スイッチ」を入れる方法

他の受験生も、情報収集された情報力がすごいと感じたと言っておられます。

常に最新の対策を講義に取り入れ、中でも面接の情報のおかげでライバルに差をつけ合格できたと思うとおっしゃってます。

それほど合格するための情報収集は大切になってくるのがわかります。

また他の合格請負人の方が言われているのも情報が大切だということ。

受験では情報のアンテナを立てることが大事。

そこで誰に習うかで大きく変わると言われています。

受験はある意味で情報戦であると考えられています。

合格へのカギはどれだけ有益な情報を収集できるかということなのだという。

この合格請負人が語る「やる気スイッチ」を入れる方法というのがあるのでご紹介します。

いくら情報を集めてもどうしてもやる気が起きなかったら意味がありませんよね。

そこでやる気が出ないときにやる気スイッチを入れる方法があるといいます。

受験生に限らず誰でもやらなくちゃいけないとわかっていてもどうしてもやる気が出ないときってあると思います。

やらなくても他に誰もやってくれるわけでもないし、困るのは自分なのだけれどそんなときはどうすればいいのか?

東大合格請負人の時田ひろみつさんのアドバイスでは、休憩から勉強に戻るとき5分前とかから声に出して「5分前!」と声に出していうと良いとアドバイスされています。

1分前になったらストレッチを初めて、10秒前からカウントダウンしながらストレッチをするのだという。

こうやって自分でスイッチを入れていくことで、ちゃんとスイッチが入るのだそうです。

また逆にやりたくないときは時間(余裕)があるならやらなくていいのだという。

このやならくてはいけないのにやらないという行為がやる気を起こさせるのだとか。

やらなくてはいけないことをやらずに遊んでいても、頭の隅にやらなければいけないことが引っかかってしまいます。遊ぶほどに良いのかななんてのもあると思います。

 

その方がやる気が強くなるのだといいます。中途半端にやるからうまくいかないのだそうです。

慶応進学会フロンティア