キャッシングの返済不能による任意整理とブラック情報について

キャッシングでお金を借り入れて、もし返済できなくなった場合はどうなるのでしょうか。その時は、まず借入先で相談して、返済計画の見直しをしましょう。特に、収入が少なくなった、あるいは仕事を辞めて失業給付をもらうようになったという場合には、早めに相談することが大事です。
もしそれでも返済が難しい場合は、債務整理を考えてみましょう。債務整理という言葉に抵抗を覚える人もいるでしょうが、間に弁護士なり司法書士なるに入ってもらい、所定の手続きを経て、借金を返したり、あるいは帳消しにしてもらうことで、合法的な制度です。特に、定収入があり、売却できる家財道具がある場合には、任意整理をお勧めします。これは、債務額を計算し直してから分割で返して行くものです。
債務整理の期間中、または整理後しばらくは、いわゆるブラック情報が個人の信用情報に記載されるため、しばらくは新規にキャッシングをしたり、クレジットカードを作ったりすることができません。ただし、所定の年数が経つと再び借り入れたり、作れたりするようになります。任意整理の場合は約5年間ほどです。

こちら(⇒消費者金融審査SS94|申込み前に審査基準をチェック!)のサイトでさらに詳しくみる。